Concept

コンセプト

荻窪の地に、悠久の眺望邸宅を

文化人にも愛され、人を魅了し、日々を満たしてくれる街、荻窪

荻窪は、かつて「東の鎌倉、西の荻窪」と並び称される別荘地として憧憬の対象であり、それ以降邸宅街として熟成を深めてきました。
著名な芸術家や文化人などがこの街の魅力に惹かれて深い縁を結び、文化性が根づいてきたという歴史的な背景もあります。
そうした伝統に現代の生活利便性が融合した荻窪の街、そのファーストアドレスである一丁目の地に、新しい都市邸宅が誕生します。
  • 音楽評論家・大田黒元雄氏の邸宅跡を日本庭園化した「大田黒公園」
  • 近衞文麿邸として知られた荻外荘を杉並区が整備した「(仮称)荻外荘公園」

現地東側は戸建中心の街並で視界が開け、善福寺川緑地や都心の夜景も望める地

現地の東側は第一種低層住居専用地域の住宅街です。
高い建物がなく前方の視界が開けて、特に高層階住戸では開放的な眺望を楽しむこともできます。
※1:10mまたは12mの高さ制限は、都市計画で決定 ※2:店舗などの床面積が150m²以下の場合 ※3:事務所などの床面積が150m²以下の場合 ※4:2階以下の場合※5:床面積が10,000m²以下の場合 ※6:客席が200m²未満の場合
※掲載の写真は平成28年4月・令和2年8月撮影またはイメージです。
2駅5路線利用可能
東京メトロ丸ノ内線始発利用可能
第一種低層住居専用地域を臨む
杉並区荻窪一丁目アドレス
いよいよ最終期販売開始!
販売価格(※100万円単位)
※1LDK住戸は最終期登録抽選販売住戸、3LDK住戸は最終期先着順販売住戸

ご来場予約特典

新規来場キャンペーン:公式HPより事前にご予約のうえ、本物件に初めてご来場いただき、アンケートにもれなくお答えいただいた方に限ります。数に限りがございます。無くなり次第終了とさせていただきます。成人1名以上1世帯1回限りとさせていただきます。写真・イラストはイメージです。



コロナウィルス感染症への対応についてはこちらをご覧ください。

×